らしくらしロゴ

らしくらしとは

愛犬が「犬らしく」、 飼い主様が「人らしく」
共存していけるしつけ
CONCEPT

「人」も「犬」も、そしてそれ以外のすべての動物達も「らしく」生きられる社会になったらいいな。そんな想いを込めて「らしくらし」と名付けました。

愛犬へのしつけは、どんなことに気をつけていますか?

たとえば、人前で吠えるのをやめさせたい……。
たとえば、散歩で人間の横をぴったり歩かせたい……。
たとえば、トイレを失敗しないようにしたい……。
たとえば、他の犬に唸らないようにしたい……。
たとえば、噛むのをやめさせたい……。

とくに初めて飼った犬なら、「がんばってお利口な犬にしなきゃ!」と、しつけもはりきってしまいがちですよね。

でも、それは「人間の都合」でしかありません。

あたり前のことですが、『犬』は人間ではありません。
しつけをして「人間の言うことを聞く」ことは、「犬の幸せ」とはまるで関係がないのです。

「らしくらし」のしつけは、まず愛犬を『知る』ことからはじまります。
愛犬のことがわかれば、「吠える」ことも「噛む」ことも、犬にとっては当然の行為なんだと理解できるはず。

愛犬のことを理解するのは、「犬が幸せになるしつけ」のための第一歩です。
犬が幸せになってはじめて、人間も幸せになれると、「らしくらし」は信じています。

愛犬が「犬らしく」、飼い主が「人らしく」共存していけるしつけを、一緒に見つけていきましょう。

トレーナーのご紹介 TRAINER

あまりにも近い 存在である犬たちに、
私たちは過度に 期待しすぎてしまう

頑張っているのになぜか毎日苦しい。そんな時期を経験し、その原因は「周りの価値観に合わせて生きている。」からだと気づきました。

自分が想う幸せってなんだろう。
自分が生きたい人生ってどんな人生なんだろう。

あまりにも社会の常識や周りの価値観に染まり過ぎて、「自分」のことを探すのは本当に大変な作業でした。いまだに探している途中です。でも、少しずつ自分が自分らしくなってきていることを実感し、それに伴って幸福感や充実感も確実に上がってきました。
そんな「私らしい暮らし」の中で欠かせない存在が動物達です。ドッグトレーナーの資格をとり、愛犬はもちろんのこと様々な犬達を見てきましたが、犬達があまりにも人に近い存在であるがために、私達人間が過度に期待し過ぎているのではないかと思うようになりました。

人も犬もそれ以外の動物も、
みんなが「らしく」 生きられる社会へ

吠えない犬はいい子。散歩では絶対に引っ張らせてはいけない。ご飯は先に人間が食べる。

???
そうなの?どうして?

ドッグトレーニングや躾の技術ばかりが先走って、肝心な「なぜそうするのか」が抜けてきているような気がします。なぜなら私も愛犬シュシュを迎えてまさに「トレーニングすること」が目的になってしまい、シュシュの出来ないことばかり数え、それを直すことを押し付けて、毎日ストレスを抱えてしまったからです。

シュシュらしさってなんだろう。シュシュの幸せってなんだろう。

こんな当たり前で大切なことをぽっかり忘れてしまっていた自分の経験をもとに、人も犬もそれ以外の動物も「らしく」生きられる社会をサポートしていきたいと考えています。

私の家族 MY FAMILY

私の家族イメージ

私の経歴 CAREER

大学を卒業した後、ブライダル会社へ入社。5年間現場でウェディングプロデューサーを務め、その経験をもとに3年間人事で研修担当者として働きました。
やりがいのある仕事に充実した日々を送っていましたが、30歳を迎えた頃に改めて自分の人生について本気で考え、2014年に退職。

小さい頃からの夢だった「動物に関わる仕事」を目指し、
PLAYBOW Dog Trainers Academyに入学。
無事ドッグトレーナーの資格とペットシッターの資格を取得しました。

3年間、動物病院の受付総務に従事しながら無料出張トレーニングなどをしておりましたが、自分自身が愛犬のシュシュを迎え育犬ノイローゼに陥ってしまい、ドッグトレーナーとしての自信をなくしてしまいました。
しかし、動物病院という場所で、「大切なペットとの別れの場面」を目の当たりにし、今のシュシュとの向き合い方は本当に正しいのかと自問自答するように。

大事なのは「トレーニングすること」ではなく、私達より遥かに短い犬生をどれだけ「嬉しいこと、楽しいこと」で埋め尽くしてあげられるかではないかと気付きました。

このような経験から、愛犬が「犬らしく」、飼い主が「人らしく」共存していけるしつけを伝えていきたいと思い、「らしくらし」を立ち上げました。