マタニティーから大活躍!妊婦の腰を守る骨盤ベルト♪産後の骨盤引き締めにも◎

スポンサーリンク
スポンサーリンク
育児

妊婦になってきついこと

妊娠したら、つわりが大変であることはみなさん何となく知っていますね。

お腹が張る、身体が重だるい、精神状態が不安定、太りやすい、などなど

他にも症状があるのですが、その中でも多くの方が悩まされているのが、

妊婦の腰痛です!

なぜ痛くなるの?

妊娠すると、赤ちゃんを産むために産道を広げる必要があるので、

関節や靭帯を緩める『リラキシン』というホルモンが出てくるんです。

更に骨盤が開くこと+お腹の重さで腰に負担がかかるんです。

妊娠初期から骨盤他、関節が緩んでる感じがする方もいると思います。

michu
michu

私も妊娠中何もしてないのに、ぎっくり腰になった〜。

リラキシン、他にも作用がある!

この靭帯を緩める作用のある、リラキシン。

他にも、骨盤内に血液をためる作用もあるんです。

どうりで腰が重だるいわけです。

妊婦さんは、お腹がまだ大きくならないうちから腰の重さや痛さを抱えているんですね。

michu
michu

妊娠初期って目立たないのに本当にしんどいの!

どうしたらいい?対策は?

骨盤内に血液を溜め込み重くなるので、

入浴したり、骨盤周りを温めることも効果的です。

そして、運動不足となり、筋肉も固く循環が悪くなってしまうことから血流低下によるうっ血もあるので、適度なストレッチと軽い筋トレも有効です。

お腹に負担をかけてもいけないので、そんなにすごい運動をしなくても大丈夫!

例として、四つ這い運動✴︎(実は、筆者は理学療法士です)

四つ這いになって、背中を天井に持ち上げるように丸めたり、ねこが背中を伸ばすように背中をそらしたりしてみてください。お腹に軽く力が入ったり抜けたりして骨盤周りも暖かくなってきますよ✴︎

でも、やっぱり助かった骨盤ベルト!

運動やストレッチをしても、緩んでいるものは緩んでいるんです。

ここは予防として、骨盤ベルトが効果を発揮してくれます。

骨盤ベルトというと、腰痛の時に巻く、マジックテープで引き締めが強い幅広のものが思い浮かぶと思います。あれは、お腹を圧迫してしまうのでおすすめしません。

お腹を圧迫しない妊婦用の骨盤ベルトを選びましょう。

1、ra kurasu マタニティーベルト

今、楽天市場で人気のマタニティ ベルトです。 


インターネットで購入するとなると心配なのが、サイズをどれにしていいかわからないことってありませんか?しかも、妊娠中はどんどん体型が変わりますから、Mで緩かったのに、最後はキツキツ!なんてこともありますよね。

この商品は、長さ・締めつけ感を調整できるフリーサイズ(80~110cm以内)でダブルベルトのガードルタイプなんです。
1つ目のベルトでお腹を支えて、2つ目のベルトのマジックテープで締めつけ感を調整することができるので、お腹もグッと持ち上げてくれて、腰も支えてくれる、これがどんなに楽か!

そして、嬉しいのが、お手頃価格!2000円代前半!

michu
michu

骨盤ベルトでこの値段はかなり安い!

2、ピジョン 妊娠中から使える骨盤ベルト

こちらの商品は、おしりをフィットさせて、前で留めるタイプです。

妊婦になっても、家事をしたり、お仕事をしたり、上の子の育児をしたりと大忙し。

そうなると、骨盤ベルトってどんどん上にずれていってしまうんですよね。

でもこちらはお尻で支えているので、ずれにくいんです。そして、外側ベルトでぎゅっと2重に締められるので、骨盤・恥骨・腰をしっかりサポートしてくれます。

産後も使えるので、赤ちゃんのお世話をしながら緩んだ骨盤を引き締めるのにもおすすめ◎

3、犬印本舗 マタニティ 骨盤ベルト

創業115年以上の長い歴史を持つ、老舗『犬印』の商品です。

こちらはグッドデザイン賞も受賞しているんです。

サイズは3展開、色は2色展開あるので選べるのも嬉しいですね。

やはり、ゴムで引き締めるよりも、このクロスデザインは全体をギュッと引き締めてくれるのが特徴です。そして、動いても足の付け根に食い込まないように、下端部分はカーブ設計になっているのも◎!

4、トコちゃんベルト 2

こちらは、王道中の王道!

筆者もこのトコちゃんベルトに本当に本当にお世話になりました。

前が細くて、後ろが幅広タイプのベルトです。後ろでクロスしているので前にベルトを回してグッと紐を引っ張ると相当締め付けることができます。

骨盤がゆるゆるなので、このくらいピンポイントで固定できるとかなり安心、かつ楽でした。

産後のボロボロな身体の時もつけてお世話になっていました。

産んだ後は、すぐに骨盤ケアとしてコルセットを活用することをお勧めします。

ただ、産後はお腹が大きくないので、走ったりすると徐々にベルトが上がってくる印象です。

まとめ

自分に合いそうなベルトはありましたでしょうか。

軽く引き締める程度でいい、という方は、こちらで紹介したベルトではなく、『腹帯』という、もう少し軽いものを検討してみてもいいかもしれませんね。

小学校に入るまでの期間は、子供を抱っこしたり日々の疲れで腰痛が悪化することもあると思います。

すぐに実践できる、巻くだけ対策!

みなさんも、一番手軽なので、今日からでも試してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました