パラならではのスポーツ!誰もが楽しめる、知ってる?ぼっちゃ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ

ボッチャって何?どんなスポーツなの?

ヨーロッパで生まれたボッチャは、重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。

ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競います。

ボールはフェルトや天然革など素材は選手が選ぶことができます。

カーリングに似ていると言われますが、的となるボールを弾いたり乗せたり

動かすことのできるところに違いがあります。

日本ボッチャ協会公式サイト
ボッチャについてページ パラリンピック正式種目ボッチャ 日本ボッチャ協会公式サイト

究極のユニバーサルスポーツ

年齢性別なく、一緒になって試合ができる競技です。

元から運動機能があっても競技ができるようにと作られた競技なんです。

みんなが同じ状況で楽しめるというのは、究極のユニバーサルスポーツですね!

投げることが難しい場合、どうやってるの?

投げることの難しい選手も参加しています。

どのようにプレイしているのでしょうか。

“ランプ“というスロープのような器具を使い、選手が指示を出して角度や向きを変えてもらいます。

サポート役は親であったりと二人三脚でプレイしていきます。

ランプを使うのにも精密なコントロールが必要になってきます。

誰もが平等に楽しめるスポーツなんですね。

なぜスポーツをするのか

身体が不自由になっても、スポーツがしたい!!

人はなぜスポーツをするのでしょうか。

  • 相手と競い合う“競争“
  • 純粋に競技を楽しむことのできる“楽しさ“
  • 人種や文化を超えて世界中の人と交流ができる“コミュニケーション“
michu
michu

パラ観戦していると涙が出てきちゃう!

まとめ

シンプルなルールで、ただボールを投げているだけでしょ?と思われがちですが、

体験してみると難しく、そして、とても楽しい競技なんです。

どんな状況になっても、こうやって頑張ってる!というのは

この世の中に勇気の光を与えてくれる存在ですね!

みんなで応援して、さらに盛り上げたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました