一点もの、ウキウキが見つかる蚤の市!旅行には行けない、なら日本でも!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
旅行

ヨーロッパでは日常的!

ヨーロッパ旅行に行くと、週末に行われていることの多い蚤の市!

朝の時間帯に開催されていることが多く

朝市のようなフリーマーケットのようなアットホームな雰囲気。

アンティーク雑貨や食器、家具や洋服など様々な品物が並びます。

筆者が驚いたのは、使用ずみの葉書や壊れたメガネなどが売っていること!

手紙って内容も住所もバレバレなのに良いですかね?

国によってお手頃さも違う!

おすすめはオーストリア!

筆者が初めて行った蚤の市です。

お値段は日本円で100円くらいから。

布や食器、鉢などを買いました!

アンティークで、東欧柄で本当に可愛い!!

その後、イギリス、フランス、イタリアでも蚤の市に行きましたが

特にイギリスは高くて何も買えませんでした・

でも素敵な商品は沢山ありましたよ。

旅行行けない、なら日本でも!

蚤の市行きたい!アンティークでおしゃれな雑貨が欲しい!

でもそんな気軽に海外、ましてやヨーロッパなんて行けないですよ…

コロナもあっていつ行けるかわからないですよね。

そんな時にはリサイクルショップがおすすめ!

一点もの、お気に入りは次に来店してもないことが多いので

その出会いも楽しいですよね。

蚤の市と似ている感覚でお買い物を楽しめます。

かくゆう筆者はリサイクルショップ大好き!

1日に8件も巡る日もあります(笑)

試したいインテリアにも挑戦できる

元値は高いものも安く手に入るので、

試してみたいインテリアや洋服も手を出せちゃうんです。

筆者は、北欧にハマっているので、

北欧インテリアにお部屋を変えて楽しんでいます。

まとめ

蚤の市、リサイクルショップ、

どちらも新しい発見と出会いがあり

何度行っても飽きない楽しさがありますよ。

ぜひ足を運んでみてください。

あ〜やっぱり海外行きたいなあ。

コロナが収束したら、本場の蚤の市にも行きたい

そう願いながら、身近で楽しく過ごしましょう。

昔のキッチン?おしゃれ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました