手作り食とペットロスの関係からみえる犬との付き合い方

こんにちは。らしくらしのalissaです。

先日、Gohan da BOOさんのコラムにも記載しましたが、改めて自分のブログにも残しておこうと思い今日はこのテーマを書きます。

みなさんは、こんな話を聞いたことがありますか?

「犬に手作り食をあげている飼い主は、そうでない人に比べてペットロスの症状が軽い。」

私はこの話を初めて聞いた時、え、逆じゃないの??と正直思いました。

でも、理由を聞いて納得したと同時に、改めて自分自身とシュシュとの向き合い方を考えさせられたとても印象深いお話です。

 

そもそもペットロスとは

ペットロスという言葉はよく聞きますが、具体的な症状でいうと、

  • 食欲がなくなる
  • 自分を責め続ける
  • 何に対してもやる気が起きずひきこもる
  • 突然涙が溢れ出す

などです。

症状が重い人はこのような状態が1ヶ月以上続き、そのまま「うつ」状態に入っていってしまいます。

 

ペットロスが長引く要因の一つは「後悔」

ペットロスの程度や回復の期間は人それぞれです。その人自身の性格や、愛犬とどのような別れ方をしたかによっても変わってきます。

ですので、「こうすればペットロスになりません。」という正解は存在しません。

ただ、ペットロスが長引く要因の一つとして考えられるのが「後悔」です。

「もっとたくさん遊んであげれば良かった…」

「もっとたくさんいろんなところに連れて行ってあげれば良かった…」

「もっと一緒に遊んであげれば良かった…」

もっと…

もっと…

大切なペットとのお別れの時が来た時、「もっと出来ることがあったんじゃないのか。」という後悔がペットロスに拍車をかけます。

つまり、冒頭で述べた「犬に手作り食をあげている飼い主はそうでない人に比べてペットロスの症状が軽い。」という文章は、「犬の手作り食をしている人はそうでない人に比べて《後悔が少ない》」という風にも置き換えられるのではないでしょうか。

これは、手作り食をした方がいい!と言っているわけではありません。

愛犬のためにもっと出来ることはないだろうかと日々考え行動したものの一つが「手作り食」だったとすれば、生きている間に自分がやれることはしてあげられた、という一つの達成感につながり、辛い辛い悲しみや喪失感から抜け出しやすくなるのかもしれないということです。

 

後悔を失くすために日々私たちが出来ること

当たり前のことですが、愛犬の命は私たちより短いです。私たち人間の5倍速くらいで彼らの犬生は過ぎていっています。

「お留守番、ちょっと長いけど、仕方ないよね。」

「手作り食、興味あるけど、もうちょっと時間に余裕が出来たら勉強してみよ〜。」

と、ちょっと気になることを後回しにしていると、あっという間に愛犬との時間は過ぎていってしまうのです。

愛犬と過ごせる時間は短く、そしてそれは100%有限だということを改めて私たちは受け止め、「今」愛犬にとってベストだと思う選択を「今」し続ける。

それが、愛犬と一緒に暮らすうえでとても大切なのではないでしょうか。

なかなか「今」を意識しながら生きるのは難しいことですが、私も日々意識しながら暮らしたいと思います。