【ペット×ミニマリスト】物を減らしたら犬と猫が大喜び

こんばんは、ドッグトレーナーのalissaです。

みなさん、モンテクリスト伯は見ていましたか?私はあんなにもはまってしまったドラマは本当に久しぶりで、まだまだ余韻が残っております…。どうか真海さんがこれから心穏やかに暮らせますように…。

さてさて、今日は我が家のちょっとした変化をご紹介。

こちらの記事にも書きましたが、私は私らしくなるためにもペットのためにもミニマリスト思考になりました。物を減らすことが快感、というより、自分の本当に気に入ったもの(必要なもの)だけに囲まれることがとても心地よく、日々、「ん?これ今の私に必要ないな。」と思ったら、その瞬間手放す、もしくはリサイクル出来るものであればリサイクルショップに持っていく、という生活が続いています。

そんなこんなしている内に、リビングの押入れの中がかなりすっきりしまして、一番下のスペースがガランと完全に空きました。

どうにかこのスペースを活用できないかなぁと考えていたところ、犬のトイレにしちゃえばいいのではないかと思いつきました!

そして、今まで中途半端だった無印のタイルカーペットは部屋全体に敷き詰め、隅の方にあったダイソンは押入れに。私が大学時代から使っていた手前の収納棚は、中身がすっからかんになったので、リサイクルに出すことにしました。

Before

After

なんだかスッキリ!そしてシュシュとティティのプレイルームがかなり広くなりました。

 

ただここで問題発生

いきなり新しいトイレが出現したため、シュシュが混乱し、トイレをどこですれば分からなくなってしまった模様。しかも、無印のタイルカーペットの感触が、トイレとの境目を分かりづらくするようで、何度も失敗しております…。

でも正直これは想定内。

無印のタイルカーペットを洗う手間より、プレイルームが広くなって嬉しそうに走り回っているシュシュを見られる嬉しさの方が断然に勝っています。

そして、押入れが常に空いているため、ティティにとっては新しいキャットタワーに!ティティも嬉しそうに一番上の棚まで登り、コストコのかばんをばさーっと落として遊んでいます。

落とされたかばんはまた上にもどせばいいだけ。こちらもティティが楽しそうにしている姿を見られるので嬉しいです。

 

とは言え、出来るだけ失敗してほしくないので

新しいトイレでのトイレトレーニングもし直しています。

シュシュがトイレをするタイミングをしっかり私が掴み、正しい場所へ誘導してあげる。シュシュにトイレを促す合図「ウィーウィー」を出し、上手に出来たらすかさずご褒美をあげる。

そして大事なことは、今後もトイレ成功率100%を目指さないこと。

勝手に新しいトイレを作って混乱させているのも私。

紛らわしい感触のタイルカーペットを敷き詰めたのも私。

シュシュはなんにも悪くないのです。

私がこんなこと言うなんて、育犬ノイローゼにかかっていたのが嘘のよう。笑。

 

まとめ

今回、「トイレを失敗されるかもしれない。」というリスクはありましたが、シュシュとティティにとってもっと心地よい家にしてあげたい、という気持ちが勝り、実際に嬉しそうにしている姿を見ると「やって良かった」と心から思えます。

私自身も、いらない物を更に整理が出来てとても心地いい空間になりました。

まぁでもお金をしっかり溜めて余裕が出来たら、滑らなくて掃除もしやすい床にするのが一番ベストですけどね。

ちなみにリクガメのペペさんは特に変化に気づいていないようです。笑。

これからも引き続き、ペットと私達、どちらも心地よく過ごせる空間を目指していきます。