パピーシッター記録:チワワのチークちゃん 初日

こんにちは、ドッグトレーナーのalissaです。

昨日は、チワワのチークちゃんのパピーシッター初日でした。

パピーシッターとは

いつもいつもしつこい程、子犬の社会化が大事だと言っている私ですが、それを理解してもらうだけではなく、実際に行動してもらうことが一番大事だと肝に銘じています。

  • どうやったら子犬の社会化を行動レベルでサポート出来るのか。
  • どんな風に私が関われば、飼い主様と愛犬の幸せな暮らしをサポートできるのか。

 

うんうん頭を捻りながら試行錯誤した結果、私と飼い主様の二人三脚で子犬のしつけをしていけたらいいのではないかと思いつきました!

週に一度私がお預かりして、社会化を中心に基礎トレーニングを行い、残りの6日間で飼い主様におこなっていただきたいことを私がお伝えする。

そして次週また私がお預かりしてトレーニングし、その時の子犬の様子を見ながらまた次の6日間で飼い主にしていただくことを更新していく。

定期的に私がお預かりすること自体、子犬にとってはとても貴重な社会化になりますし、私もより正確に個々の性格、特徴を掴みやすくなります。

飼い主様にとっても、一週間の中で出てきた疑問を毎週解消していくことが出来ますし、それを続けていくことで、飼い主様にも正しい知識がついてくる。

そんなサイクルでサポートさせていただきたいと思い、今回チークちゃんの担当をさせていただくことになりました。

初日の様子

チークちゃんは現在9ヶ月。

お迎えに行くと、嬉しそうにしっぽを振ってお出迎えしてくれました。

ただ、完全に誰かに預けること自体は初めてということだったので、初日はとにかく私を好きになってもらうこと、そして信頼してもらうことを目標に過ごしました。

 

まずは広い公園でお散歩〜。

色んな匂いを嗅いだり、

鳥さんを観察したり、お散歩していたおじいさんとおばあさんに声掛けてもらい撫でてもらったり。

五感をフルに使ってお散歩している姿が見られました。

この一つ一つがチークちゃんにとって大きな経験になっていくんだなぁと思ったらそれだけで胸いっぱい…。

とはいえ、まだまだ緊張が見られたチークちゃん。緊張している時の一つのバロメータは「大好きなオヤツを食べられるかどうか」

午前中のお散歩では全く何も食べれない状態でした。

もともと食も細く、普段もご飯をよく残すというチークちゃん。今日はとにかく一緒に遊んで楽しんでもらおうと思っていたのですが、早速午後のお散歩で変化が!

なんとお散歩中にちらちらと私にアイコンタクトをとるようになってきたのです!

午前中はただ散歩している、という状態だったのが、午後は「私と散歩している」という意識がめばえてきた証拠だなと思いました。

そしてお散歩の後はオヤツちょうだいと自分からおねだりするようになり、ごろんとお腹を見せて甘えてきてくれました〜。

私を認めてくれたようですごく嬉しい!

これから基礎トレーニング(おすわりや待てなど)をしていくにあたって、まずは「信頼してもらう」ことが大事です。

「この人のいうことなら聞こう!」

「この人とトレーニングすると楽しい!」

 

この日は、その目標に少しでも近づけたかなぁと思います。

次回のトレーニングも楽しみにしてるよ〜、チークちゃん^^