犬が犬らしくいられる場所は意外に減ってる?

こんばんは、ドッグトレーナーのalissaです。

今日はしつけ相談を受けていたので、その飼い主様とワンちゃんに会いに行っていたのですが、シュシュも一緒に連れて行きました。

相談後に、近くの公園をシュシュと散歩。

広いよ〜。

奥にとっても広い広場があるよ〜。あぁぁぁ走り回らせてあげたい!

これは犬の飼い主あるあるではないでしょうか。だだっ広い広場、芝生などを見ると、思いっきり遊ばせてあげたい衝動がギュインっとあがります。

もっともっとドッグランが身近にあればいいのに。毎日そんなことを思っています。

とは言え、ドッグランは昔に比べれば少しずつ増えている印象。ドッグカフェに併設されていたりと、犬と一緒に行ける場所は増えているはずです。

でも...なんででしょ。なんだか犬にとって窮屈な社会になってきているのでは、と感じるのです。

その大きな要因の一つが、過剰なマナーとルールの設定。

  • 吠える犬はだめ。
  • 呼び戻しが出来ないとだめ。
  • 外飼いの犬はだめ。←これ最近見つけてびっくりしました。なぜ⁉︎

これ、人間の子供に置き換えたら結構やな感じじゃないですか?

  • 騒ぐ子供はだめ。
  • 親の言うことを聞かないとだめ。
  • 汚れた子供はだめ。

みたいなことと一緒な気がするんです。雰囲気も付加価値として提供している高級レストランがこのようなことを言うのは理解出来るのですが、例えばこれが公共の公園全てにこのルールがあったらどうでしょう。

一体子供はどこで騒ぐの⁉︎

これが犬の世界では普通に起きている気がしてならないのです。

もちろん人や他のワンちゃんに危害を加えてはなりません。でも、何もしていないのに攻撃的な犬ってそんなにいるのかな?と素朴な疑問です。

犬には犬同士のコミュニケーションがあります。あの犬と合わないなって思ったら近づかないし、なんかあの犬怖いなって思ったらしっぽを下げて飼い主さんに助けを求めてくるはずです。喧嘩をすることもあるでしょうけど、そんな殺し合いのような喧嘩はよっぽどのことがない限りしないはずです。

そして犬だって色んな犬と触れ合うことでコミュニケーションを学んでいくはずなのに、なんだかマナーまみれの場所ばかり増えて、犬らしさを発揮出来る場所はむしろ減っているのではと感じます。

 

「だって犬だもんね。」

って、犬が犬らしくいることにもう少し寛容になれる社会になってほしいなぁ、と改めて感じた今日でした。